読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れる時に身を任せ

雑記だったり感想だったり。

Endless Shock感想

 

 

二年ぶりに観劇させて頂きました。しかも今回有難いことに2回も。そこで思ったことを書いていきます。全部個人的な意見です。

 

 

結論を簡潔にいうと面白かった。語彙力がないのが本当に申し訳ないくらい良かったと思う。その辺をどういう風にしたら伝わるのかわからないが、努力はしてみよう。

 

 

浜中文一について

今回、お話や演出ももちろんだが私が帝国劇場に足を運ぶことになっだ一番の要因は浜中文一だ。私が知っている限りは関西Jr.で西畑大吾に続く二人めのEndless Shock出演となった彼。しかも帝国劇場。こりゃ行くっきゃないでしょ。ということで足を運んだ次第である。

幕が開いてみると、文ちゃんはジャニーズ勢で端にいた。『ぶんぶんぶん』とかを見る限り屋良くんと仲がいいため立ち位置も近いのかと思っていた。でもそれは関西担の甘えなのかな、実際は松松の外側だった。しかし、話が進むにつれ文ちゃんはとても重要な役...というか目立つ役を貰ったのがわかる。ふぉ~ゆ~の二人の次にセリフはあったのではないだろうか。立ち位置はバランス的な問題なのだと思う。...それにしても文ちゃん含む頭の上手三人はフリが揃っていなかった気もするが(小声)。文ちゃんの役は屋良くんの一番の仲間みたいな感じなのでまた関西担は屋良くんに足を向けて寝られなくなっている。笑

観劇して思ったのは文一くんはいい意味で東京Jr.と馴染んでいたと思う。というのも関西Jr.のこはよく東京Jr.に負けないために凄い一生懸命踊ったりする。それは悪いことではないし、コンサートとかではそうあって欲しいが、舞台でそうしたらただただ浮く。それがなかったと感じられた。関西から呼ばれてあんな役貰ってあんなに出来たら大勝利なんだが、ここでめげないで欲しいなーと思った。

 

 

松浦雅さん

ごちそうさん』の活男のお姉さん役をやってたこのイメージが強かった。和風美人さん。綺麗な子だと思う。 だからジャポネスクとかの和服とかは尋常じゃないくらい綺麗。そこは凄く良かった。ただ、歌に少し違和感を感じる。光一君と声の質が合わないのだろう、ハモりがあまり上手く聞こえない。そこに関しては神田沙也加さんの方が良かった。ダンスも2月に比べて3月はかなり上達してたからこそ、声の質が合わないというどうにもならない問題がつっかかるのは可哀想である。でもいい役者さんだと思う、これからの活躍に期待したい。

 

大体気になった点はこれくらいかな...。1500回記念の回とあって良い舞台でした。またなんかあったら追記します。