流れる時に身を任せ

雑記だったり感想だったり。

テストをドヨルの濱田法で乗り越えよう



7月。それは学生(というか高校生?)にとってテストの時期である。今テスト真っ最中という人もいるだろう。ならば直ちにケータイを閉じて机に向かうべきだろう。笑


こんなことを言ってる私もテスト真っ最中。まあやる気がでない。こんなにやる気が出ないの初めてっていうぐらいやる気がでない。だが明日も明後日もテストである。勉強せねばならない。

なのに机に向かい、ケータイを開き、赤い四角で囲まれた矢印のボタンを押してしまう。それかこのはてなブログのボタンを押してしまう。さあ、明日は私が大嫌いな英表だ。しかも暗唱文というとてつもなく出来ないものもある。どうしよう。笑

そんなときに思い出したドヨルの妄想族での濱田崇裕さんによる198市町村の覚え方。あれを応用して暗唱文でも覚えようじゃないか。


1.視覚を利用する
形で覚えるということ。これは羽の形に似ているからこれ!とかのようにイメージで覚える。世界史の地図とかに利用出来そう。これなら当日も利用できる。


2.味覚を利用する
カレーに含まれるターメリックは記憶にいいとされている。明日の夕飯にでもしてもらおう。食べたあとに英単語などを発音したらいいのだろうか。当日食べられないのが問題点。


3.嗅覚を利用する
ブルーチーズやドリアン、くさやなどの匂うって頭に残りますよね。それを利用して臭いのインパクトと一緒に覚えてしまおうという作戦。効果的だとは思うが教室に臭いが充満するので嫌われることを覚悟した方がいいだろう。


4.触覚を利用する
あの嫌な記憶、忘れませんよね。人間は嫌な記憶は忘れにくいのでそれを利用して覚えようということ。簡単いうとビリビリペンなどで痛みを受けて覚える。危ない人と思われる覚悟が必要。


5.聴覚を利用する
普通の文より音楽とかの方が覚えやすいですよね。それを利用する。例えば替え歌とか。実際やってみたが、中々効果的。歌詞さえ覚えれば結構忘れません。Sexy ZoneQR Zoneでやっていたのとかいいですよ。これなら当日も頭のなかで出来ますしね。


これを利用して暗記物は乗り越えたい。
是非、今テスト中で勉強出来ていない!って人も試してもらいたい。まあ本当に焦っている人なら今日これを読んでいないでしょうが。笑 冗談が過ぎました。すみません。

では私も机に向かいますか。