流れる時に身を任せ

雑記だったり感想だったり。

なにわぶ誌を少しまとめてみた件




な・に・わ・ぶ・誌とは、
ジャニーズWESTがジャニーズWebでやっている連載のことである。 毎週水曜日更新。

そんななにわぶ誌が現在100回目の更新を迎え、バックナンバーを放出している。そこで個人的に気になった点を少しまとめてみた。興味があったら読んでみて欲しい。


目次
  1. なにわぶ誌遅刻率
  2. 誕生したあだ名
  3. 神山智洋の挨拶
  4. シェフKamiyamaまとめ
  5. 中間淳太の成長



1.なにわぶ誌更新率


なにわぶ誌の特徴として水曜日18:00更新で全員が揃うことがなかなかない。笑そこで更新率を調べてみた。

前提として初回(4/30)は全員更新で、それ以降一人ずつ回す予定だったのを変更し、途中(5/21)から全員更新に変えたため桐山と中間は1回更新が多い。

重岡大毅 87/100→87%更新
vol.3、16、31、33、35、36、48、52、62、71、75、87、98で遅刻。

桐山照史 101/101→100%更新
彼は定時に間に合わなかっただけで更新日は守っている模様。流石。

中間淳太 100/101→99%更新
vol.32のみ。流石である。

神山智洋 98/100→98%更新
vol.49、87遅刻。メンバー内で定時更新を一番長く続けてた人。一時期更新すらなかった気がするけど勘違いか?

藤井流星 70/100→70%更新
vol.3、7、9、10、33、37、41、50、51、53、55、58、60、65、66、70、73、74、75、77、79、82、83、84、85、86、87、91、92、98で遅刻。逆にすごい。

濱田崇裕 94/100→94%更新
vol.3、5、36、52、87、99で遅刻。忙しいと忘れてしまうみたい。気を付けて欲しい。

小瀧望 95/100→95%更新
vol.15、51、53、74、97で遅刻だが彼は定時に間に合ってる気はあまりしない(気のせいかもしれないが)。

桐山>中間>神山>小瀧>濱田>重岡>流星の順である。全員半分以上は間に合っているのだが、やはり全員で定時更新してほしいものだ。



2.誕生したあだ名


神山と中間の間でメンバーを他の言葉に例えるというあだ名をつけていた時期がある。
そのあだ名についてまとめてみた。

・神山(中間発案)
リトルグリーンメン
身長が小さい=リトル
メンバーカラーが緑=グリーン
男だからメン
vol.64にてリトルグリーンマンに変更されている。

・濱田(中間発案)
パープルノンショルダー
メンバーカラーが紫=パープル
撫で肩すぎて肩がない=ノンショルダー

・中間(多分神山発案)
イエローリップマン
メンバーカラーが黄=イエロー
唇が特徴的=リップ
男=マン
神山がリトルグリーンマンの仕返しとばかりにつくったはず。

・小瀧(中間発案)
ピンクエロネード(グランデサイズ)
メンバーカラーがピンク=ピンク
変態=エロネード
デカイ=グランデサイズ(スタバで一番デカイサイズ)
小瀧の誕生日のときの中間ブログにて登場。

というところだろうか。全メンバー揃えたいものだ。オレンジデブマンとかなのかな。



3.神山智洋の挨拶


こんちゃ(´▽`)ノ
から始まる彼のブログ。すっかりお馴染みだ
しかし彼はこの挨拶を止めたい(vol.93)、と思ったらしい。そこで彼の挨拶に注目してみた。


まずvol.21に注目だ。その時の彼の挨拶は
こんちゃ( ̄Д ̄)ノである。携帯を変えたお陰で出てこなかったそうだ。ここから彼の葛藤は始まる。

翌週のvol.22では
こんちゃ(・ω・)ノになる。可愛さに磨きがかかってきた。しかしまだ葛藤は続く。

また翌週のvol.23では
こんちゃ(=゜ω゜)ノになる。どんな表情だ。

そして翌週のvol.24では
こんちゃ(´▽`)ノになる。まさかの一周して帰って来た。

しかし、彼は悩む。いつまでこの挨拶をしていていいのか。30代にもなってこんちゃ(´▽`)ノとかはやってはいけない、と考え始めるのだ。(vol.93にて)

続くvol.94。彼はやった。そうだ、変えたのだ。
はいどうもー(・ω・)ノ漫才で芸人が入場の時に言う言葉ではないか。彼はいつのまにか芸人になっていた。笑

だが彼の悩みは止まらない。vol.95では
どーもー。(`ω´)。になる。ファンの (`-´)をいじった感があるが可愛いからいいだろう。

次のvol.96では
どーもー。(`ω´)。である。大分これで固定されてきた。

だがしかし彼は何を思ったのかvol.97では
こんちゃ(´▽`)ノになる。どうした神山。何故迷っているのだ。笑

vol.98では挨拶すらなくなり、本日開店~になる。シェフKamiyamaの回だからだろうか

vol.99でこんちゃ(´▽`)ノとくると思いきや
こんちゃ(・Д・)ノとなんと新しいパターンを出してくる。まさにそうきたかっ!?である。

そしてvol.100。彼は何を思っただろう。全ての挨拶を書き始めた。おーはよぉーございまぁーーーすっ!こーんにぃちぅわぁーーーっ!こーんぶぁんぅわぁーーー!っと。そう、彼の迷いはまだ始まったばかりなのだ。


4.シェフKamiyamaまとめ


シェフKamiyamaとは神山智洋が趣味で作った料理を公開しジャスミンに飯テロを行うというコーナーだ。彼のなにわぶ誌にてシェフKamiyamaの気まぐれすとらんとして気まぐれに行われている。
そんな彼の料理をまとめてみた。

vol.54 オムライス
彼の1つ目の作品だが、まだシェフではない。美味しそう。

vol.59 牛挽肉とキャベツのチーズリゾットニョッキのミルクスープ揚げ焼きチキン~オリーブの香りに包まれて~
このときもまだシェフではなかったが、シェフのきっかけになった作品である。美味しそうだ。

vol.62 マグロのユッケビビンバ丼わかめのスープ(わかめ多め)チョレギサラダ
記念すべきシェフ初の作品。お見せします、でありお作りしますではないとまるでイエローリップマンのように言い出す。韓国風。

vol.72 鮭のホイル焼き バター風味
初の一品だけの作品。これまた美味しそうである。皆様はシェフにヘルシーな晩餐を薦められます。和食。

vol.80 厚切りベーコンと卵のクリーミーカルボナーラ
シェフになってから初のイタリアン作品。本当に美味しそうである。勿論レシピも彼なりの言葉で書いてある。

vol.98 ロールキャベツ きのこのホワイトソースがけ
本人曰く、今まで作ってきた料理の中でも上位にはいるくらい美味しいそう。ロールキャベツは醤油だと思っていましたがこちらも美味しそうです。

イタリアンだけでなく色々な料理を作る彼。是非皆さんも見て、作って欲しい。



5.中間淳太の成長


中間淳太。彼はジャニーズWESTのブレイン担当であり頭がいい(関西学院高校~大学)。そして頭の回転も早く世界情勢にも詳しい。しかしジャニーズきっての運動音痴である。ここまではご存知の人も多いだろう。そこでもうひとつ彼の弱点を教えよう。彼はきっとジャニーズ1の機械音痴でもある。

そんな彼のなにわぶ誌での苦労をみてみよう

記念すべきvol.1
このとき彼は夜中まで書いていた。スマホのシュッシュッ(クリック?)が苦手だそうだ。そして最後に画像の添付の仕方教えたもらうね!と言って終わる。遺言のようだ。

伝説のvol.2
そのとき彼は画像を初めて添付した。はずだった。
そう、画像がなかったのだ!
最後の一行にこうある。
※本人が画像を添付できていなかったみたいなので、そのまま載せています。
はぁ!?だ。笑ジャニーズwebで初めてこんな文章をみた。笑流石淳太くんである。

翌週のvol.3
本人も気づいたようで、皆馬鹿にすんだろーなどと拗ねます。ちなみに流星が教えたようで流星もわかりやすく教えろーーーーー!!と文句を言い出す始末。笑
この回では今度は小瀧に教えてもらい、やっと画像を載せられます。すごいすごい。これだけでもえっへんっと言いそうな文で嬉しそうです。

続くvol.4と5
彼は新たな壁に当たります。そうです、絵文字が出せないのです。コミカルなオレンジベアさんに聞けば一発であろうところ彼は一人で考え続けます。そして二週連続♥をだせません。

そしてvol.6
♥から始まる今回。彼はまるで言葉を覚え始めた子どものように♥を乱用し始めます。子どもかっ。嬉しくて嬉しくてたまらなそうです。

vol.7を飛ばしvol.8へ
彼はここであれがきます。そうです、ネタ切れです。困り果てて来週画像載せるから許して!と言い出します。サザエさんを出してまで文字数を稼ごうとしている姿が目に浮かびます。

vol.9はきっと彼史上一番制作時間が長かったのではないでしょうか。
串カツを友達の濱田君と食べ、歩き、家に帰る。ただ、それだけのことを書いている。
しかし、かかった時間はなんと6時間超。1日の1/4をなにわぶ誌に使っている。逆にすごい。このとき写真の添付の仕方を忘れ、お母さんに聞きに行くという行動まで起こした。

かなり飛ばしvol.12へ。
ここで彼は狂います。いきなり重岡並みの文章量で済ませます。朝起きたらアゲインしてないかな言い出します。大丈夫ですか。vol.13ではその釈明へ。アゲインに釘付けになり、戻るボタンを連打したそうです。

vol.15では後輩の向井康二になにわぶ誌を乗っ取られる事案発生。ついでにこのとき照史くんをあきとと書いています。変換できないの可愛い。

そしてvol.16では途中の時点で二時間半以上かかっている。多分3時間ぐらいかかったのではないだろうか。

まあ話は飛ぶがvol.32にて初めて更新を忘れます。忙しくなってきた証拠ですね。

段々めんどくさくなってきたのでそろそろ最後に向かいましょう。笑vol. 48では新年度で新生活が始まる人へのメッセージを書いています。個人的に思ってるのですけれどやはり金内なのかな。まあいいや。笑そのときはなにわぶ誌の半分地点で名古屋手前にいたのでだいたい一時間半くらいなのかな。大分短くなりました。

そんなこんなで淳太くん、機械音痴克服なにわぶ誌が進んでいます。文章が読みやすいので是非読んでみていただきたい。心から思います。


長いですが読んでくださりありがとうございました。