流れる時に身を任せ

雑記だったり感想だったり。

超個人的ジャニーズ大賞2015を選んでみた件



そういえばやっていなかったのでやろうと思う。正しく言うとある3文字が私を邪魔してやれなかったのだが。年度末を迎えたしちょうどいいので今やります。


・楽曲部門


5位

 渚のBack In Your Heart(A.B.C-Z)

五関晃一メインの楽曲。失恋ソングで若干重い歌詞だが、五関の少し幼い歌声によりサラッと聞きやすくなっている。そんなことからセレクト。個人的にはA.B.C-Zは曲のテンポが他グループに比べて遅いので落ち着いて聞きやすい曲が多いと思う。



4位

ホルモン~関西に伝わりしダイヤモンド~(ジャニーズWEST)

きっと何言ってるんだこいつ、と思った人もいるだろう。しかしこんなにこの人たちが全力で歌っている曲は久々にきいた。普段が手抜きという訳ではないが、普段よりも楽しんで歌っているのが感じ取られる。そしてそれにつられて聴いている人も楽しんでしまう。このような人を楽しませる曲も良い曲だと思う。だから私はこの曲をセレクトする。



3位

バタフライ(NEWS)

この曲は個人的に大好きな曲の1つである。何が魅力って歌詞と声が見事にマッチしている点。『大丈夫、おやすみ 頑張ってる君が好き』この歌詞を増田君の柔らかく美しい歌声に乗せると更に歌詞の想いが伝わりやすくなっている。というか歌詞がNEWSのメンバーにマッチしすぎていて怖いレベル。そのためこの曲をセレクト。



2位

暁(大野智)

大野の声の良さを最大限に活かした曲。本当に綺麗な歌声をしている人だと思う。メロディーも美しく、本人にすごくマッチしていると考えたためセレクト。この曲の歌詞『心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな』は、百人一首68番の和歌である。今回は割愛するが是非この和歌の解説を読んでみて欲しい。きっとこの曲の捉え方が変わると思う。



1位

TAMER(中間淳太)

聞いた瞬間ビビっときましたね、これは。12月発売だったので最後に何歌ってんだって。もっと早く出会いたかった。それほどです。
この曲は評判が異常にいい。曲調はカッコいい系。堂本光一さんの曲にありそうな感じである。それが彼が作る世界観と彼にぴったり合い、相乗効果をもたらす。そして作詞が中間淳太本人なのだが、なかなか上手い。中間淳太マジックを起こしている。結構な人数の方が各々解説をあげていました。是非読んでみてください。なかなか面白いです。
以上のような理由からこの曲が個人的な2015年ジャニーズ楽曲1位です。是非聞いていただきたい。





・未音源化楽曲部門

See  you again/関西ジャニーズJr.

こう書くと抵抗感がある人もいるかも知れないですが歌われたのが春松竹だったのでこの表記にさせてください。
個人的に2015年の未音源化部門はこの曲1曲で間違いない。ずっと応援していた彼の最後の曲。残念ながら松竹座に関しては全くといって良いほど運がないためにこの目で彼の最後を見られなかった。しかし彼のラストステージは素晴らしいものになったに違いない。それは彼が沢山の人に愛されてたからだと思う。本当に寂しかったですが、これからの彼の活躍を期待し選ばさせて頂きます。





・現場部門

A.B.C-Z Early summer concert 2015

パフォーマンスが良かった。まず1曲目から『Vanilla』というまさかの選曲に驚いた。まるでJUKEBOXのときのブリュレのようだ。また、『どこまでHappy!』での演出も決め手となった。パフォーマンスをしつつ、笑いをいれてくるあたりに河合らしさを感じる(構成などは河合担当)。更にMC直前は普通メンバー全員で歌うところなのに河合ソロというまさかの構成。「これからMCです!」と言った河合の言葉には耳を疑った。面白い反面Jr.時代に鍛えた素晴らしいパフォーマンスをも魅せてくれる彼らの公演。是非選ばさせていただきたい。




・MV部門

心の空/嵐

曲のテーマとMVが一番マッチしていたと思う。力強くそれにいてどこか繊細な和を感じさせるセット。とても美しく、曲に合っていて良かった。



コンビ部門、自担部門に関しては色々出てきてしまうのでカットさせてほしい。

以上が超個人的ジャニーズ大賞2015である。2016年ももう4分の1が終わったが2016年もジャニーズのパフォーマンスに期待したい。